WLKR23 BLINDMAN

1995年、セッション・イベントを機にバンド結成。バンド結成時のメンバーは高谷学(Vo)、中村達也(Gt)、戸田達也(Ba)、長井一郎(Ds:現ARK STORM)、遠藤均(Key)。
1996年、3曲入り1stデモ音源「Not for Sale」を1,000本無料配布。マンドレイクルートのオムニバス・ビデオ「make it shine video vol.2」にライヴ映像で参加。同年冬、長井が脱退。
1997年夏、サポートを勤めてきたルイス・セスト(Ds)が加入。2曲入りデモ音源「Not for Sale Ⅱ」を限定500本無料配布。
1998春、1stアルバム「Sensitive Pictures」をキャッスル・レコードよりリリース。初の全国ツアー実施。同年冬に遠藤が脱退。
1999年春、井上健之助(Key)加入。同年7月、キャッスル・レコードより2ndアルバム「Being Human」リリース。20ヶ所以上の全国ツアーを敢行。同年冬、初のライヴ・アルバム「Live, Living, Alive !!」リリース。
2000年1月、ルイス脱退、後任に村上克敏(Ds)が加入。秋にミニ・アルバム「…in the dark」リリース。全国18ヶ所のツアー実施、ツアー・ファイナル公演・東京・渋谷ON AIR WESTにてキング・レコード NEXUSレーベルとの契約発表。
2001年、村上が脱退しルイスが復帰。キング・レコードより3rdアルバム「BLINDMAN」発表。全国12箇所ツアー。秋にはツアー初日の渋谷ON AIR WEST公演を収録したビデオ「BLINDMAN LIVE 2001」をキャッスル・レコードよりリリース。
2002年、4thアルバム「TURNING BACK」発表。全国15箇所のツアー終了後、ルイスが再度脱退。同年9月、PURE ROCK JAPANイベントにて活動休止(事実上解散)を発表。
2003年3月末解散。メンバーは個々の活動へ。同年6月 ベスト・アルバム「Soul Talks, Melodies Walk」発表。
2004年10月、中村、高谷、井上、村上の布陣に、新たに薄葉友貴(Ba)を加え、過去に活動休止を宣言したPURE ROCK JAPANイベントに参加表明、実質2年のブランクを経て、バンドの再結成、活動再開を発表。12月には全国6箇所のショート・ツアーを実施。
2005年、新作レコーディング終了後、12月東名阪ツアー「~Brand New chapter~ tour 2005」実施。
2006年4月、トライアンフ・レコードより5thアルバム「Pain for the pleasure」リリース、同タイトルのツアー実施。12月にはツアー・ファイナル・ワンマン公演を東京・渋谷BOXXにて開催。同日、薄葉が脱退。
2007年6月、ライヴDVD「Road to the pleasure」リリース。7月、サポートを迎えて東名阪ツアー敢行。11月、井上が、年内の活動をもっての脱退を発表。12月、東 “Az” 将行(Ba)加入。
2008年8月、6thアルバム「Subconscious In Xperience」リリース、同タイトルの足掛け2年に及ぶ全国ツアーを断続的に敢行。
2009年4月、松井博樹(Key)加入。12月には東京・原宿アストロホールにてツアーファイナルのワンマン公演実施。
2010年3月、東が脱退。サポートを迎え、7月には7thアルバム「Re-rise」リリース。8月、初の東名阪ワンマン公演を含む全国ツアー実施。
2011年4月、村上が脱退。10月、オリジナル・メンバーである戸田、ルイスがサポート参加。メジャー・デビュー10周年を記念した東名阪でのショート・ツアー実施。
2012年初頭、戸田、ルイスの正式復帰を発表。10月、8thアルバム「BLAZING CRISIS」発表。9月より年末まで全国ツアーを実施。
2013年、過去の楽曲のリレコーディング・アルバム「Evergreen」をリリース。
2014年、高谷とルイスが脱退。
2015年、Ray(Voと大内優(Ds)をサポートに迎え、PROJECT BLINDMANとして活動開始。
2016年、BLINDMAN名義での活動再開。5月、大内優が活動から離れ、實成峻(Ds:Ex.Crying Machine)が加入。12月にはCONCERTO MOONの「Between life and death」ツアー・ファイナル4公演にスペシャル・ゲストとして帯同。

BLINDMAN are
Ray (Vo)
Tatsuya Nakamura (Gt)
Tatsuya Toda (Ba)
Hiroki Matsui (Key)
Shun Minari (Ds)

オフィシャルサイト
http://www.blindman.jp/