2005年に「Cradle of Insanity」、2008年に「xGODx」と、メロディック・デス史上に残る 2 枚の名盤 を生み出した伝説のバンド、SERPENT のメイン・ソングライターであった Keija (Ds&Key)を中心に2010年に結成。
2012年に 1stアルバム「Idealism」をリリース。その直後、Shun(Vo)が脱退したものの、サポート・メンバーに窪田道元 (Vo:AFTERZERO、THOUSAND EYES、UNDEAD CORPORATION)、Hiro (Ba:元 SERPENT)を迎え、同年9月に東名阪ツアーを実施。
2014年10月にはサポート・メンバーに再び窪田道元とEN (Ba)を迎え東京&大阪でのライヴを行い、同年12月にはENが正式加入する。
2015年1月に2曲入りシングル「The Underworld」を自主制作にてリリース。同年7月、2ndアルバム制作中にHiroki (Gt:元 SERPENT)とENが脱退するも、同年8月にVALTHUSのIzo(Gt)が、同年9月にMiKu(Vo)が加入し、2ndアルバム制作を開始。
2016年4月13日に2nd アルバム「Reborn」をリリースする。同年8月にMiKuが脱退するものの、かつてシングル「The Underworld」にゲスト参加し、「Reborn」リリース・ツアーに於ける名古屋、大阪公演及び THOUSAND EYESとの2マンでサポートを務めたShin(Vo)をゲストに再び迎え、最新作の制作を開始。
初期からのメンバーであったSyo(Gt)がやむを得ない事情により制作途中で脱退となったものの2曲でゲスト参加、「Reborn」でゲスト参加及びリリース後の全公演でサポートを務めてきたSatoshi(Ba:VALTHUS)が正式加入し、最新作「Lament」を12月21日にリリースする。

Veiled in Scarlet are
Keija (Ds&Key)
Izo (Gt)
Satoshi (Ba)

オフィシャルサイト
http://www.veiledinscarlet.com/